馬渕教室さんのプロフィール画像
ブログ

馬渕教室のブログ

馬渕教室は、生徒・保護者の声と真摯に向き合いながら校舎の運営方針を改善。地域でもっとも必要とされる校舎を目指します。

この人の趣味・関心

タイムライン

  • 馬渕教室掲示板 ― 授業見学受付中 ― 「馬渕の授業ってどんなの?」「公立文理学科対策は?」という疑問にお答えします。事前にお電話いただければ、授業見学、受験・教育相談可能ですので、お気軽にお問い合わせください。お待ちしています。
  • 株式会社ウィルウェイ (馬渕教室) 2016年度新卒 採用の受付を開始いたしました。
  • ≪ 馬渕教室 会社説明会 ≫ 学生満足度95%を超える説明会に、是非みなさんもご参加ください! https://job.rikunabi.com/2015/company/seminar/r754900059/C001/
  • 馬渕教室はオリコンランキング「2014年度 顧客満足度の高い高校受験 塾ベスト10(近畿)」で1位を獲得した。 http://juken.oricon.co.jp/rank-highschool/kinki/
  • 【馬渕教室選考フロー】 [en]学生の就職情報よりエントリー→説明会参加→一次選考(学科テスト) ※教科は、英語・数学・中学受験算数・国語・理科・社会からお選びください。→二次選考→三次選考→最終選考→内定
  • 馬渕教室の講師・教師の先輩出身校続き。 関西大、関西学院大、京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大、京都女子大、神戸女子大、関西外国語大 他
  • 馬渕教室の講師・教師の先輩出身校。東京大、京都大、大阪大、神戸大、九州大、大阪市立大、大阪府立大、京都府立大、大阪女子大、奈良女子大、大阪外国語大(大阪大)、大阪教育大、京都教育大、奈良教育大、神戸市外国語大、滋賀大、高知大、和歌山大、早稲田大、慶應義塾大、同志社大、立命館大
  • 【馬渕教室の休日休暇】 週休制(日曜日)、祝日、 GW・夏期・年末年始・年次有給休暇 【年間休日数】100日
  • 【馬渕教室の勤務時間】 ■教室での業務 14:00~22:00(実労働時間7時間) ■本社での業務 10:00~22:00(実労働時間7時間) 勤務例/10:00~18:00、12:00~20:00 等
  • 【馬渕教室の教育制度】 内定者研修、新入社員研修、授業研修(授業聴講、模擬授業)、事務研修、管理職研修等
  • 【馬渕教室の福利厚生】 社会保険完備(健康・厚生年金・雇用・労災)、退職金制度、定期健康診断、社員割引制度、社員貸付金制度、会員制保養施設、福利厚生倶楽部(リロクラブ)提携、育児介護休業制度
  • 【馬渕教室 待遇】 交通費全額支給 慶弔見舞金
  • 【馬渕教室給与初任給】 2013年度実績 院卒/年俸制324万円(27万円を月々支給) 大卒/年俸制312万円(26万円を月々支給)
  • 【馬渕教室 教師・講師 応募資格】 2015年3月 大学・大学院卒業見込みの方 ※全学部全学科 ★教育業界の仕事に興味のある方 ★教育のプロを目指したいとお考えの方 ★経営のプロを目指したいとお考えの方 ★子どもたちの将来を仕事を通して真剣にかかわりたい方
  • 生徒を教えるだけが教師の仕事ではない。他塾との差別化や生徒募集のプロモーション活動など、塾の運営に関する様々な仕事にも関わっていきます。効率よく業務を行なっていかなければ、双方で良い結果を出すことは難しい。塾の運営にも、生徒の成長に関しても責任が問われる仕事です。
  • 私たちの仕事は、「答え」を教えるのではなく、「考え方」を教えること。難しい仕事ですが、「先生、分かった!」と、自分の教え子が問題を解いた達成感や満足感を得たときの表情を見ると、それまでの苦労が全て報われるほどの大きなやりがいを感じることができます。
  • 物事を前向きに捉え、何にでも積極的にチャレンジできる方を求めています。馬渕教室は、今後も関西を中心に校舎を増やしていく方針です。その中で、校舎運営を担う校長の存在は必要不可欠。出身学部や学力ではなく、若い皆さんのチャレンジ精神が、馬渕教室の発展に欠かせないものと考えています。
  • 「塾の先生としてだけでなく、社会人としても一人前の人材に成長してほしい」というのが、馬渕教室の人材に対する考え。20代のうちから校長として活躍でき、さらにビジネスパーソンとしての成長も期待できる環境だと言えます。
  • そうした業務の特性上、馬渕教室の社員には学力の他にも企画力や統率力といった能力が必要不可欠。 そこで、同社は外部コンサルタントも活用しながら、さまざまな研修体制を整え、社員の能力向上を図っています。
  • 校長に昇格すると、当然仕事の幅は広がります。 生徒を募るためのプロモーション活動や校舎内のコーディネート、各種イベントの企画、人材(先生)の育成など、イチ経営者として活躍していくのです。