srachaiさんのプロフィール画像
ブログ

英字新聞

みなさん、はじめまして。

タイではスラチャイと呼ばれていますが、ブログ等では実名も公開しています。
「英字新聞社説学習研究」で検索すればたくさんヒットします^^。

大学を卒業後、東京の建設会社に就職し、すぐに結婚しましたが、長期に渡る海外単身赴任のため45才のときに離婚を経験しました。ハワイの事務所まで珍しくかかってきた妻からの突然の国際電話は、なんと関白宣言ならぬ、離婚宣言で、腰を抜かしてしまいました。
それからの5年間は、ただ二人の息子たちが成人に達するまで送金を繰り返すだけのむなしい生活でした。
まるで、さだまさしさんの歌、「償い」みたいな人生ではありました。
最後に妻からありがとうの手紙をもらったときには、歌の主人公と同じように泣きじゃぐりました^^。

送金期間が完了してから、あらためて自分の年を数えたら50才になっていました。
私は、なんとかして、この空しい生活と決別したくて早期退職を決意しました。
失業保険の給付もまったく受けないですぐにタイ旅行に飛び立ちました。
旅行は北のチェンマイから南はスンガイコーロクまで、一年間に及びました。
あるとき外国人観光客がまったくいないタイ東北部、チャイヤプーム県の片田舎を訪ねました。
プミポン国王の建設されたチュラポーンダムのほとりの小さな村です。
この村には、ホテルはおろかゲストハウスさえありませんでした。
私は、仕方なしに一軒の親切な農家に宿泊させてもらいました。
その農家には出戻りの娘が一人いましたが、その娘こそ現在の妻なのです。
以来十数年が経過して二人の娘たちという子宝にも恵まれました。

大変古い歌で恐縮ですが、さだまさしさんの歌で「天まで届け」という歌がございます。
その歌い出しの部分が大変気に入っています。
「出会いはいつでも偶然の風の中、きらめく君、僕の前に、緩やかに立ち止まれ・・・」
人の出会いとは、まさにこの歌詞のとおりではないかと実感する今日この頃なのです。

srachai from khonkaen, thailand

この人の基本データ
  • 性別男性
  • 現住所タイ
  • 所属沢見小学校、中原中学校、戸畑高校、国立高知大学、早期退職者
  • 職業その他
この人の詳しいデータ
出身地
福岡県
血液型
A
未既婚
既婚
趣味
子育て
コレクション
思い出

タイムライン